在庫あり

バイアグラ100mg

製造元: ファイザー
在庫: 在庫あり、すぐに発送できます。
  • 送料無料
  • 5~10日で到着
  • 郵便局留め対応
お支払方法:クレジットカード、銀行振込
セット数 価格 1個当たり
1個 6,980円
2個 13,360円 6,680円
3個 19,740円 6,580円
5個 31,900円 6,380円
7個 43,260円 6,180円
35%まで割引!
まとめ買いでお得!
在庫があります。すぐに発送できます。
2 点以上ご注文の場合 ¥6,680
3 点以上ご注文の場合 ¥6,580
5 点以上ご注文の場合 ¥6,380
7 点以上ご注文の場合 ¥6,180

バイアグラ 100mg(英語商品名:Viagra 100mg)

バイアグラ100mg(Viagra100mg)は、勃起不全(満足な性行為のために十分な勃起や維持ができない状態)を改善する、男性ED治療薬として有名です。 ファイザー社による有名な商品で、ED治療薬としてはトップクラスの知名度を誇ります。

*ピルを分割して50mg、25mg錠として飲む方法も人気です。ピルカッターの購入はこちら

このようなお悩みをお持ちの方に

  • ED (勃起不全)に悩まれている方
  • 高齢に伴い精力の減退を感じている方
  • 性生活を楽しみたい方
  • EDでかつ糖尿病を患っている方

効果・効能

EDの状態で勃起を維持するには、陰茎の血流を増加させる必要があります。

バイアグラの作用は、体の中で血管を広げる作用のある一酸化窒素(NO)という物質を増やすものです。このNOが増えることで陰茎の血管が拡張し、陰茎の血流を増加させることができるのです。血流の増加によって陰茎は勃起を維持することができ、性生活の支障を取り除いてくれます。

ただし、バイアグラは血管拡張をするだけの作用しかなくな、実はバイアグラを飲んだだけでは勃起が起こりません。勃起を起こすきっかけになるのは性的な興奮や物理的な刺激なのですが、これらの刺激が加わり、脳から勃起を促す指令が下ることが必要になるのです。これらの刺激があれば勃起が起こり、その後バイアグラの働きで勃起状態の維持ができるので、性交渉にかかる支障を避けることができます。

用法・使用量の目安

飲むタイミングは性行為の1時間前が目安で、成人であれば1回100mg1錠を目安に服用します。

日本では現在は25mgと50mgしか販売されておらず、100mgは身体が大きく効きが悪い欧米人などを対象にして、海外でのみ販売されています。

多すぎると思う方は錠剤を2つに割って使用することもできます。ピルカッターで100mgを分割し、50mgとして1箱で8回服用する方法は、日本のバイアグラ愛好家では有名な方法です。

※服用方法の詳細は、医師の指導を受けるほうが望ましいです。

バイアグラは血管を広げる薬なので、人によっては心臓に負担をかけてしまうことがあります。65歳以上の高齢者・肝障害や腎障害を持っている人は必ずバイアグラ25mgの1回1錠から始めましょう。またいずれの場合も、服用は1日1回まで、次の服用までは24時間以上空けるようにしましょう。

使用上の注意

男性用のお薬です。女性が服用しても効果は有りません。硝酸薬(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)を使っている方は、決してバイアグラを服用してはいけません。

例えば、狭心症の発作の治療によく処方されるニトログリセリンを飲んでいる方等は、服用に伴い血圧が危険なレベルにまで下がりしに至る事もあります。これらの服用を行っている方は絶対にバイアグラを服用してはなりません。事前に医師の診断に従いましょう。

このお薬の豆知識

バイアグラには25mg錠と50mg錠があり、日本で処方されているのはこの2種類のみとなっています。 この100mgは、さらに有効成分であるクエン酸シルデナフィルを増やしたお薬です。1錠で強いと感じる方は、この錠剤をピルカッターなどで半分や4分の1に分割して服用することもできます。バイアグラの有効成分はシルデナフィルという成分で、バイアグラは製薬会社ファイザー社の商品としての名称です。

バイアグラ25mgは、新しく登場した他のED治療薬やジェネリック薬よりも、食事の影響を受けやすいという欠点があります。 つまり食前・食後に服用してしまうと、食べ物の影響を受けて効果が下がることがあるということです。 このため、食事をとらずに空腹時に服用することをおすすめします。食後に服用する場合は、1時間以上経ってからにしましょう。

食事、飲酒とバイアグラについて

脂肪分を多く含むカフェオレなどで服用してしまうと作用が現れるまでに時間がかかってしまうので注意しましょう。作用時間は大体4−5時間ほど続くと言われています。また、食事を服用した直後に服用するとバイアグラの効果が現れるまでに時間が掛かるので、服用するタイミングと食事のタイミングに注意しましょう。

飲酒した状態での服用には注意が必要です。飲酒をするとリラックスする効果があり、性欲の増加に役立ちますが、過度な飲酒は厳禁です。勃起不全を起こす原因にもなってしまうので、飲酒は適度にしておきましょう。バイアグラは飲酒をした状態では効果が減弱することがわかっているので、飲酒をするのであればごく少量にしておくことをお勧めします。

生活習慣病(糖尿病、高血圧等)の方について

糖尿病の方や高血圧の方は血管がもろくなっている可能性があり、通常は循環系に変化を起こす薬の服用は危険な場合があります。

しかしバイアグラの場合、糖尿病患者の利用については多くの研究がおこなわれており、糖尿病の患者にも安全でかつ高い効果が見込めるという治験結果がでています。

糖尿病患者は同時にEDを発症することが多いと言われていますが、糖尿病患者について豊富な治験実績を持っているのはバイアグラの特徴でもあります。

しかし、実際に糖尿病患者が服用するには、検査等が必要になることもあり、生活習慣病をお持ちの方は、必ず医師に相談するようにしましょう。

使用期限の確認方法

使用期限の確認には薬のシートに記載されている日時が一つの目安です。この日時を超えた使用は控えなくてはなりません。EXPと書かれた後の数字が年月を表しているので、この数字を参考にしてみましょう。

割り方と保存方法について

バイアグラが1錠では多すぎる方には錠剤を半分に割るピルカッターなどを使用することで錠剤の大きさを半分にできます。割ってしまった後には断面から薬の劣化が始まってしまいます。湿度に注意して割って服用した残りの薬は極力早めに使用することが大切です。

バイアグラの歴史と由来

バイアグラは元々狭心症という心臓の病気の治療薬として開発されました。しかし、その副作用として勃起の維持作用があることが判明したため、勃起不全(ED)の治療薬として注目されました。この薬の名前は生命力を表すvitalとナイアガラの滝Niagaraが由来となって名付けられた薬で、生命力が滝のように溢れ出ることをイメージして作られています。

商品情報
成分名 シルデナフィル
錠数・容量 100mg4錠
メーカー ファイザー
製造国 トルコ

有効成分シルデナフィルについて

バイアグラ100mgの中心成分は「クエン酸シルデナフィル」です。 この成分は勃起とその維持を妨害する、PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素の働きを阻害します。これらの効果が勃起持続に欠かせないcGMP(環状グアノシン一リン酸)の減少を防ぎ、陰茎周辺部の血管を拡張させて正常な勃起を助けてくれます。

バイアグラ100mgは勃起不全の症状を持つ人が飲むと、性的刺激によって陰茎が自然に勃起するようになります。陰茎への物理的な性的刺激がないと勃起は起こらず、性行為中以外で不自然に勃起する心配もありません。またバイアグラ100mgには、性的な気分を高める効果や、精液の量を増やす効果はありません。

使用してはいけない方・併用禁忌の薬について

基本的に心臓に問題がある人と出血性の疾患を持っている人はバイアグラの使用を控えなくてはならないので注意が必要です。また肝機能の異常がある方も使用を控える必要があります。このほかにも低血圧の患者や血管梗塞障害の既往がある方も注意が必要です。必ず医師・薬剤師の指導のもとに使いましょう。バイアグラは薬との相互作用が確認されているのです。高血圧の薬との併用により血圧が下がりすぎてしまうという報告があります。血圧が下がってしまうと起立時の血圧の調節異常や脳貧血を起してしまい、人によっては吐き気などを起こす可能性があります。

また、狭心症治療の治療薬との併用にも注意が必要です。狭心症治療の治療薬もバイアグラと同様に血管を広げる作用があるので、作用が強く出すぎてしまったり、動悸を強く感じることがあります。心臓の機能の異常は時に不整脈などの心拍の異常を出すことにつながってしまうので、服用の前にこれらの薬との併用には注意が必要です。

報告されている副作用

  • 顔のほてりや目の充血
  • 血管拡張に伴う血圧の低下
  • 頭痛、動悸、鼻づまり

心血管などの循環器系の副作用では不整脈などの報告もあり、注意が必要です。国内での臨床試験では157例のうち65例の41%に副作用または検査的な異常値が認められて居たので、異常が発覚したときには必要に応じて投薬量の減量、投薬の中止などの適切な処置を検討しなくてはなりません。

バイアグラはこのほかにも皮膚の発疹や感覚器の異常が出ることが報告されています。鼻炎や筋肉痛の報告もありましたので、バイアグラを使用した際に起こる異常は必ず薬剤師や医師と相談することが適切です。頻度こそ低いのですが、中には危ない副作用もあり得るので、素人判断は避けるようにしましょう。

ご利用いただいた方からのレビュー
レビューを書く
注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い