在庫あり

アバナ 50mg 4錠

製造元: サンライズ
在庫: 在庫あり、すぐに発送できます。
  • 送料無料
  • 5~10日で到着
  • 郵便局留め対応
お支払方法:クレジットカード、銀行振込
セット数 価格 1個当たり
1個 2,580円
2個 4,560円 2,280円
3個 6,540円 2,180円
5個 9,900円 1,980円
7個 12,460円 1,780円
35%まで割引!
まとめ買いでお得!
在庫があります。すぐに発送できます。
2 点以上ご注文の場合 ¥2,280
3 点以上ご注文の場合 ¥2,180
5 点以上ご注文の場合 ¥1,980
7 点以上ご注文の場合 ¥1,780

このようなお悩みをお持ちの方に

  • ED(勃起不全症候群)でお悩みの方
  • 充実した性生活を送りたい方
  • 今までのED治療薬に効果を感じられない方

アバナの効果・効能

アバナはED治療薬です。主にEDになっている方の勃起を手助けする効果があります。薬の働きは陰茎の血流を増加させ勃起を促すもので、バイアグラやレビトラ、シアリスなどと同じような働きです。

アバナの特徴として、レビトラより即効性があり、シアリスよりも食事の影響を受けずらいというところがあります。これらはすなわち、アバナがバイアグラが製造されたときに挙げられた問題点をまとめて解決しているということで、承認が下りているアメリカでは最高のED治療薬として販売を拡大しています。

具体的な成分の作用としては、PDE5酵素という勃起を抑える酵素の働きを阻害します。正常な方の場合、性的刺激、興奮時には局部細胞内でcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が増加し、局部の血管が拡張して勃起が引き起こされます。一方でPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素はcGMPを壊し、海綿体の血管が収縮して勃起がおさめる役割を果たしています。アバナの有効成分「アバナフィル」はPDE5の働きを阻害することによりcGMPの放出状態を維持し、勃起状態を継続させます。

使用量の目安

アバナは日本では未発売のため、日本人での治験のデータはありませんが、海外では通常1回100mgが使用されています。また人によっては50mgに減量する方がいい場合もありますし、効果が得られない場合は1日200mgまで服用することができます。 推奨されている最高服用頻度は1日1回ですので、服用間隔は24時間以上あけてください。その他、服用方法の詳細に関しては、医師の指導を受けください。

効果と期間について

アバナは服用後30分ほど、早い方では15分ほどで効果が出始めます。(即効性があります。)効果は3~6時間程度持続します。

アバナの具体的な使い方

開始用量は100mgとし、1回50~200mgを性交の約30分前に服用してください。

一緒に使ってはいけない薬

     
  • ニトログリセリンなどの硝酸薬
  • HIVプロテアーゼ阻害薬 : リトナビル(ノービル)、インジナビル(クリキシバン)、サキナビル(インビラーゼ)、アタザナビル(レイアタッツ)
  • 経口真菌薬 : ケトコナゾール、イトラコナゾール
  • 抗生物質 : クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシンなど
  • 高血圧や前立腺肥大症の治療に使われるα(アルファ)遮断薬
  •  
  • その他の高血圧治療薬
  • 他のED薬

保存期間について

使用期限は外箱に表示されています。

アバナ他のED治療薬の成分の違いについて

アバナの主成分であるアバナフィルは、バイアグラの主成分であるシンデナフィル、レビトラの成分であるバルデナフィル、シリアスの成分であるタダラフィルと共にホスホジエステラーゼ5(PDE5)に分類されます。

アバナフィルは他のED治療薬に比べ、効果発現までの時間が最も短く、即効性があると言えます。効果の持続時間は約3~6時間でシンデナフィルと同じぐらいで、バルデナフィル、タダラフィルよりは短いです。アバナフィルの勃起力はシンデナフィルとバルデナフィルの中間くらいで、副作用はシルデナフィルと同じくらいと言われています。またアバナは食事の影響は受けないと言われています。

商品情報
成分名 アバナフィル(Avanafil)
錠数・容量 4錠
メーカー サンライズ
製造国 インド

有効成分について

アバナの主成分であるアバナフィルは、バイアグラの主成分であるシンデナフィル、レビトラの成分であるバルデナフィル、シリアスの成分であるタダラフィルと同じホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害剤に分類されます。
この成分はもともと日本の田辺三菱製薬が、即効性があり副作用の少ない新しいED治療薬として開発を進めていました。しかし、田辺三菱製薬は2001年2月に、日本及び一部アジアを除く全世界で製造・販売する権利をアメリカのVivus社に譲渡しました。その後2012年4月にFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受け、ステンドラという名前で正式に販売が開始されました。欧州では2012年に『SPEDRA』の商品名で発売が開始されていますが、日本では現在のところ未発売です(2016年4月末現在)。
アバナはステンドラのジェネリック医薬品で、インドのSunrise Remedies社から発売されています。アバナフィル単体の錠剤であるアバナ50mg錠、100mg、200mgと、ダポキセチン(早漏治療薬)と合剤になったトップ・アバナ(アバナフィル50mg+ダポキセチン30mg)、スーパー・アバナ(アバナフィル100mg+ダポキセチン60mg)、エクストラ・スーパー・アバナ(アバナフィル200mg+ダポキセチン60mg)があります。

使用してはいけない人

  • 不整脈、狭心症、心不全などの持病のある方
  • 過去6カ月以内に心臓の手術を受けた方
  • 低血圧の方
  • 高血圧の方で医師による治療を受けていない方
  • 変形ペニスを有する方
  • 鎌形赤血球貧血症、多発性骨髄腫、白血病など血液細胞に問題がある方
  • 網膜色素変性症の方
  • 肝機能に重大な障害がある方
  • 腎機能障害、または腎臓透析を受けている方
  • 女性
  • 小児

気をつけて使用すべき人

軽度の肝機能障害の方(Child-Pugh分類クラスAまたはクラスB)、は最小用量から始めるようにし、医師と相談しながら注意深く増量してください。(重度の肝機能障害の方(Child-Pugh分類クラスC)は服用できません。)
肝臓のチトクロームP450(CYP)3A4という特定の酵素で代謝される薬のうち特に下記の薬と併用する時は最低でも48時間、間隔をあけてください。 : エリスロマイシン(抗菌薬)、アンプレナビル(HIVプロテアーゼ阻害薬 )、アプレピタント(制吐薬)、ジルチアゼム(抗狭心症薬、抗不整脈薬、降圧薬)、フルコナゾール(抗真菌薬)、ホスアンプレナビル(抗ウイルス化学療法剤)、べラパミル(抗不整脈薬、降圧薬、抗狭心症薬)
持続性勃起や副作用が長時間持続する場合は医師や専門家にご相談ください。

副作用

  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 胃のむかつき、便秘または下痢
  • 背中、関節、筋肉の痛み など
ご利用いただいた方からのレビュー
レビューを書く
注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い